年代別のパーティー

婚活を始める年代と言えば、早くて20代、適齢期となる30代や40代、シニア時代と呼ばれる50代以降に分かれます。それぞれ婚活の目的や参加の意志も異なる為、年齢に別に婚活を行う方がカップル率も高くなります。そこで年代別の婚活パーティーにはどのような特徴があるのでしょうか。

まず20代の婚活パーティーの特徴は、今までに出会ったことがないような業種の人との出会いなど広く浅く出会いを求める傾向が強いです。
結婚に対しての意識はありますが、晩婚化の影響もうけ20代の中に結婚しなくてはという気持ちを持っている人は少ないです。ただし理想の相手となれば、結婚はいつでもいいと考えている人もいます。婚活パーティーも大人数で開催されているものも多く、一度に多くの人と出会う事もできます。

30代、40代は結婚適齢期で真剣に結婚相手を探している人が多いです。
婚活パーティーでは身長や年収などの条件があるものも多く、より理想の相手に出会う事ができるように設定されています。結婚相手に対して求めるもの、理想とする結婚生活などを実現できる相手が見つかったときは結婚に向けて話が順調に進むことが多いです。

最後にシニア時代の婚活は、いままで パートナーがいた人やいない人も含め、今後の人生を一人で過ごすのはさみしいと感じる人が多いです。同じような趣味、似たような環境、いろんな人生観を持っているもの同士の出会いなので、結婚にとらわれることなく事実婚なども視野に入れている人も多いです。