シニア婚を対象

結婚に対しての考え方は人それぞれ異なります。若い世代は結婚をして世帯を持つことが結婚というイメージが強いです。

しかし50代や60代になると今までの人生で抱えてきているものが人によって異なります。同じ独身でも初婚の人もいれば再婚の人、子供が独立している人から子育て中の人までいろんな立場の人がいます。
結婚を最終目的にしてしまうと多くの人が関わっているため障害が多くなってしまいます。しかし、これからの人生を一人で暮らしていくことに対して不安や心配の声も多いです。そこでこれからの人生を共に過ごしていくパートナーを探すために婚活を行う人が増えています。

シニア婚の場合、同世代同士の出会いを求めている人もいれば年の差の出会いを求めている人がいます。人によって年齢対象は異なる為、対象として若すぎる20歳未満、20代の人は登録できないシステムになっている場合があります。
それと同時に独身証明証や公的な書類で年収が解るものを提出してもらう場合が多いです。

お菓子や飲み物を飲みながらリラックスした環境で話す事ができるパーティーや身近な観光地にいくイベント的なツアーなども開催されています。婚活パーティーでも結婚相談所の様にサポート体制がしっかりしているところも多いので安心して参加することができます。